FC2ブログ

祝上棟!

RIMG5009.jpg

先日、某福祉施設の増築建物の棟上げ式を行いました。

RIMG5013.jpg

写真は、2階の天井裏に納める棟飾りの組み立て中のところです。

RIMG4999.jpg

この施設は、、、
既存の敷地に、作業床を増築する計画だった為、法的なことや構造的なことの整理から計画をはじめました。

RIMG5001.jpg

昨今、行政は既存の建物ストックを活用するように推進していますが、実際には、既存の調査や行政との協議・検討報告などの手続きや準備に時間が取られます。

RIMG5111のコピー

その点、今回は、建主さんはじめ、施工する方、施設を使用運営する方など、様々な方のご理解とご協力があり、形となりました。春の竣工に向け、もう一踏ん張りです!
2020-01-20 : 建築 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

浜名湖_北ルートより

IMG_1966 (1)

通常は、神奈川と愛知の往来は、浜名湖の南側(海側)を通行しますが、、、
年始は、「静岡県立森林公園/森の家」に寄る為、浜名湖の北側ルートを往来しました。

IMG_1959 (1)

そこで、田園風景の中、数年前、NHK大河ドラマ(井伊直虎)で話題になった場所を訪れました。

IMG_1958.jpg

この御先祖のお墓の近くには、龍潭寺という井伊家の菩提寺があり

IMG_1954 (1)

小堀遠州の庭園もあるようでしたが、

IMG_1967 (1)

初詣の来訪者でいっぱいで駐車が叶わず、今回は断念しました。

IMG_1982 (1)

こちらは、一昨年も訪れた秋野不矩美術館です。

IMG_1980 (1)

茶室が新たに出来たらしいということで行きました。

IMG_1985 (1)

本館は、補修工事中とのことでしたが、場内を散策出来ました。

IMG_1989 (1)

屋外に、木材を組み合わせたベンチがあったり、斜面のブロック擁壁を被覆したスノコ板が補修されていたり、、、と

IMG_2006 (1)

この施設が、メンテナンスしながら大切に利用されている様子が伝わってきました。
2020-01-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あけましておめでとうございます!

IMG_2079.jpg

あけましておめでとうございます!

IMG_1945.jpg

今年の干支は、子ですが、

IMG_1948.jpg

俵の廻りで遊んでいる干支の置き物が、実家の庭に点在していました。

IMG_2060.jpg

こちらは、年明け早々訪問した『静岡県立森林公園/森の家』エントランスホールの横断幕です。

IMG_2018.jpg


鶴の折り紙で構成された

IMG_2020.jpg

すばらしい作品がいくつもありまして、

IMG_2019.jpg

オリンピックイヤーで、楽しく夢ある年の到来です。

IMG_2074.jpg

本年もよろしくおねがいします!
2020-01-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

建物探訪(左官屋さんの家)

RIMG4481.jpg

先日、岡崎から横浜に戻る際、知人の現場を訪問させていただきました。

RIMG4505.jpg

ここは、左官屋さんのお宅で、

RIMG4493.jpg

モミジの葉をあしらった内壁や、板金職人さんや大工さんの技ありの痕跡など、、、あちこちにありました。

RIMG4509.jpg

ご近所にも、写真のナマコ壁や

RIMG4508.jpg

版築の塀などがあって、

RIMG4515.jpg

ほどよい密度の穏やかな住宅街となっていましたが、自然と共生する町並み風景に、こころが洗われる気もしました。
2019-12-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

材木屋さん訪問

RIMG4375_20191218083256938.jpg

先日、調査の帰りに、静岡の材木屋さんを訪問しました。

RIMG4377.jpg

ここは、その昔、板材を確保するため樹木間を広めにとって植林した場所で、山の管理が代々受け継がれている貴重な地域ですが、写真のように目の整った大きな材がとれます。

RIMG4382_201912180819269fa.jpg

一方、こちらのように、中には目がいきとどかず、節だらけの材もあるようで、山の管理の難しさがわかります。

RIMG4394_20191218081020451.jpg

こちらは、丸太を製材したあとのヘリの部分で、割り箸の素材になるとのことでした。

RIMG4466_201912180807074e9.jpg

材木は、水分が多いと腐り易いため、建物の素材とするために乾燥させる必要がありますが、この材木屋さんは、自然乾燥を大規模に行っていました。

RIMG4433_20191218080704e59.jpg

こちらは、梁材の乾燥始めたばかりのもので、

RIMG4434_2019121808070678a.jpg

こちらが梁材の乾燥後のものですが、明らかに色が異なります。

RIMG4474.jpg

こちらは、自然乾燥がほぼおわった土台材です。いずれも、とても締まった良い材であることが実感できました。
2019-12-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

M.ONO

Author:M.ONO
小野雅之(おのまさゆき)
横浜市在住
愛知県出身
1969年生まれ
一級建築士

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR