fc2ブログ

調査機材について(その1)

DSCN1820 のコピー のコピー

コロナ禍も3年目に入り、その影響が長引いている事で、
住まいの居心地や性能について気にされる方が増えたと思います。
中には、切実な相談も少なくありません。

DSCN1864 のコピー のコピー

そこで、私が調査に用いる機材を紹介しておきたいと思います。
こちらの写真は、レジストグラフというドイツ製の機材で、木材内部の劣化状況をモニターするものです。

44−5 RIMG6655 のコピー のコピー

一方こちらは、床下のコンクリート基礎が、鉄筋入りかどうかを判別する機材です。

RIMG6609 のコピー のコピー

同じ床下でも、こちらは、木材の水分含有率を確認するものです。

DSCN6865 のコピー のコピー

水分計には様々なタイプがありますが、私は、材の表面内部40mm程度まで計測できるものを使用します。

RIMG3962 のコピー のコピー

あと、忘れては行けないのが、温湿度計です。
外部環境としての屋外と室内はもちろん、
床下や小屋裏も可能なかぎり、数カ所計測します。調査日がどんな天候で、場所によって、計測値がどのくらい異なっていたか記録し、判断の材料にしています。
スポンサーサイト



2022-02-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

M.ONO

Author:M.ONO
小野雅之(おのまさゆき)
横浜市在住
愛知県出身
1969年生まれ
一級建築士

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR