FC2ブログ

木製の火鉢

RIMG8032.jpg

写真は、先日、建物調査に伺った際、見せて頂いた木製の火鉢です。
火鉢も種類がいろいろあるようで、これのタイプは、関東長火鉢というようです。

RIMG8027.jpg

こちらは、火の上に載せる南部鉄器の台です。

RIMG8028.jpg

本体の木材は、けやきのようで、ななめに木口がさしこんで組んでありました。

RIMG8029_20181018145824ed8.jpg

小物を入れる引出しもあり、、

RIMG8033.jpg

縁起物のの折り鶴と、亀が入っていました。建物調査をする場合、このような出会いがあるのも魅力の一つです。
スポンサーサイト
2018-10-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

小屋裏の調査

P1140165.jpg

すっかり、秋めいて涼しくなりましたが、先月末から今月下旬まで、住宅医の詳細調査が数件重なりました。

P1140175.jpg

この調査は、改修計画のある建物を、5〜6名で1日調査をし、構造部分の図面をつくったり、
各種寸法記録や、内外装の傷み具合とともに、バリアーフリーに関わる寸法等も記録し、既存建物の性能を見える化するものです。

P1140154.jpg

数人のチームで調査し、10数枚の野帳を作成しますが、今回私は、小屋裏を主に担当しました。

P1140164.jpg

小屋裏のホコリっぽい梁の上は、意外と滑り易いため、落ちないように足場を確かめながら移動し、梁の構成位置図を作成します。そして、各所部材の寸法や傷み具合などを記録し、デジカメで現況写真を取り、報告書にとりまとめます。

P1140157.jpg

この写真は、昨今少なくなった土壁小舞壁と、電気のガイシが布設してあるフトコロの深い小屋裏です。
このような場所では、足腰がかなり鍛えられ、2日後に筋肉痛がやってきます。
2018-09-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

箱根峠越え

RIMG5840.jpg

先日、横浜と愛知県の往来時、東名高速道路でなく、国道1号線で箱根峠を越えてみました。

RIMG5841.jpg

芦ノ湖を臨むことのできる

RIMG5846.jpg

道の駅「箱根峠」では、

RIMG5852.jpg

神奈川県産材の間伐材丸太を3本に割ってつかった木製のガードレールがありました。

RIMG5836.jpg

三島方面に少し下ると、駐車スペースに石像群などもあり、ハイキングスポットになっているようです。

RIMG7142.jpg

さらに進むと、山中城址があり、

RIMG7143.jpg

公園としてかなり整備されていました。ハイキングコースになっているようでしたが、

RIMG7144.jpg

この日は、湿度が高く霧がかったこともあり、

RIMG7148.jpg

すぐに、前方が見えなくなりました。

RIMG7141.jpg

もっと乾燥して晴れた秋の行楽シーズンに、時間にゆとりを持って、再来したいとおもいます。

2018-09-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夏の音風景

RIMG6988.jpg

先週の土日、お隣の自治会館で、恒例の夏祭り(盆踊り)がありました。

RIMG6996.jpg

昼間の暑さの余韻が残っている夕方、祭り囃子が聞こえ始め、

RIMG6998.jpg

炭坑節や、きよしのズンどこ節など、

RIMG6995_20180808152002125.jpg

スローな曲の重低音と、和太鼓をたたく音が、町内に響きはじめます。

RIMG6992_2018080815213610c.jpg

鉄板焼きなど、様々な縁日の出店もありまして、

RIMG6993.jpg

敷地の外に、賑わいが、はみ出てしまっていることもありますが、

RIMG6994.jpg

近隣の老若男女が待ち望む、恒例の音風景です。
2018-08-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

一万三千歩の小旅行

RIMG5615.jpg

先日、あいにくの雨の中でしたが、名古屋の栄方面に行くことになり、周辺の名所を少しめぐってみました。

RIMG5621.jpg


テレビ塔の構造物は、近くに寄ってみると、白銀色でとてもシックでして、

RIMG5613.jpg

足元にカフェもありました。

RIMG5625.jpg

NHKや東海TVなど放送局のある方面に行くと、

RIMG5630.jpg

テレビ塔に劣らず、巨大な鉄骨構造の屋根がありました。

RIMG5637.jpg

大広間の地下空間となっていて、雨の日も関係なく、人の往来がありました。

RIMG5642.jpg

地下は、こちらのセントラルパーク地下スペースと横でつながっていました。

RIMG5596.jpg

次は、今年6月末に、閉店した丸栄百貨店です。

RIMG5599.jpg

耐震性の不足も閉店の一因のようですが、この壁画は、なにかの形で一部でも残してほしいものです。

RIMG5530.jpg

少し電車で移動しまして、熱田神宮にも行きました。

RIMG5527.jpg

熱田さんにお参りしたのは、七五三以来で、42年ぶりとなります。

RIMG5526.jpg

神社の建物は、軒先形状に独特の趣がありますが、

RIMG5537.jpg

雨振りですと、特に銅板一文字葺き(桧皮葺きは誤りでした)の屋根材がシットリして、光沢も感じ高貴な印象です。

RIMG5643.jpg

境内を北から南に縦断移動し、第一鳥居を出ました。

RIMG5674.jpg

ここから、さらに南に向かい

RIMG5664.jpg

東海道の名所:七里の渡しにたどり着きました。

RIMG5663.jpg

江戸時代、、、
ここから三重県の桑名まで、20キロ程、舟で移動していたということですが、この先に見える水路は、幅が狭く少し意外でした。

RIMG5673.jpg

公園の向かいには、町屋風の建物も残っていました。

RIMG5675.jpg

そうこうする内に、ライトアップの照明が点灯しましたので、

RIMG5659.jpg

小旅行(約13,000歩)を中断し、帰ることにしました。
2018-08-04 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

M.ONO

Author:M.ONO
小野雅之(おのまさゆき)
横浜市在住
愛知県岡崎市出身
1969年生まれ
一級建築士

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR