FC2ブログ

奥多摩の建物調査

IMG_1744.jpg

先週、今週と2回に渡り、奥多摩の建物調査に行って来ました。

IMG_1754.jpg

奥多摩は紅葉の季節でして、紅葉といえば、落葉樹のモミジやイチョウが思いだされますが、

IMG_1732.jpg

常緑樹であるスギやヒノキも紅葉すると聞いて驚きました。

IMG_1733.jpg

たしかに、写真のヒノキの葉は、黄色く色が付いていて、

IMG_1737.jpg

となりのスギと、はっきり区別できました。

IMG_1746.jpg

また、現場の近くには、山仕事に行く為のトロッコ列車があり、とてものどかな雰囲気でした。

IMG_1771.jpg

こちらは、お施主様からお茶を出してもらったカッパの湯のみです。小屋裏の図起こし調査はボリュームもあり、とてもたいへんでしたが、この愛嬌のある絵柄と文言に、救われた2日間でした。



スポンサーサイト



2019-11-15 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

建物の模型づくり

P1290962.jpg

写真は、現在設計中の某施設の立体模型です

P1290960.jpg

建物をつくるとき、図面をあらかた書き上げた後、このような縮尺模型をつくります。
これは、出来上がった場面を想定し、周辺環境など様々な視点で確認し情報共有する為です。

P1290966.jpg

いっぴんの建物づくりには欠かせないステップです。
2019-11-04 : 模型 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

季節の変わり目

IMG_1470.jpg

このところ、朝晩涼しくなって、すっかり秋めいてきました。
写真は、近所の病院の熱帯魚たちです。

IMG_1468.jpg

水槽内の環境に影響は無いでしょうが、乾燥肌の自分には、微妙に皮膚がカサつく時節となり、通院が欠かせません。
カッパ体質にとっては、悩ましい季節でもあります。
2019-10-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

既存調査のススメ

先日、マンションリフォームを行った施主から、10年ぶりに連絡があり食事に行きました。

施主曰く、、、
「あと数年で定年を迎えるが、、、山と海に囲まれた場所にある庭付きの空き家(戸建ての木造)を探している。そこで将来、釣りをしながら、余生を過ごす事の出来るセカンドハウスを購入したいと思っている」との事。最近話題の2拠点生活の話です。

この施主ご家族は、現在、駅近のマンションを改修して住んでいますが、今の自宅から、約100km離れた郊外の漁村に、セカンドハウスを持つイメージがあるようでした。とりあえず、物件の目処がたった所で、事前調査として、建物を見に行くことを提案し、現地に同行する予定になっています。

木造の戸建ての場合は、マンションと異なり、購入前に、①立地(地盤)の状況や、②劣化(傷み)具合、③耐震の性能など、現況の性能を、可能な範囲で調査確認しておく必要あると考えています。これは、購入後、住む為に必要な改修費用を、ざっくりにらむ必要があるからです。

現在、数百万戸あるといわれる空き家の中で、活用可能な物件を見定めるには、先ずその住まいの現状を見て、調査し、傷みや変状の内容を把握する必要があるのではないでしょうか?
調査の結果、さまざまな情報整理をして、おおよその改修費用を把握し、予算にもめどが立った後(間取りの変更や、住み易さなど)要望を踏まえた改修設計の作業に進む手順が良いと考えています。

〈調査状況の写真例〉
photo_1_ono.jpg
1)築70年の土壁民家の外装トタンを大工職、左官職と調査している状況

Photo_2_ono.jpg
2)土壁民家の屋根裏を大工職、電工職と調査している状況

Photo_6_ono.jpg
3)既存床下の木部の傷み具合を、外壁を部分撤去をして調査している状況

Y3X6①
4−1)既存隅柱の内部に傷みがないかを、調査機器(レジストグラフ)で、穿孔調査している状況

P1290265.jpg
4−2)穿孔調査機器(レジストグラフ)

RIMG1170.jpg
5)床下の木部に含まれている水分量を調査している状況

P1020443 - バージョン 2
6)既存押入れの壁内筋交い構造を、補強工事の前に調査している状況
以上
2019-09-13 : 建築 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

濃霧の秩父山系

P1290777.jpg

先日、秩父山系の林道へ、木材劣化調査へ行ってきました。

P1290779.jpg

横浜から、東廻り(東京23区内から)で北上し、帰りは西回り(多摩地区から相模原を通って)で南下しました。

P1290780.jpg

往路の写真ですが、都内を抜け、所沢市に入り、飯能市も抜けると、やっと渋滞から開放されました。

P1290784.jpg

ナビがはじめに示したよりも、1時間半も遅れて現地に到着した為か、とても奥深い場所に来た印象でした。

P1290785.jpg

秩父市街から、さらに山間部に入ると、いつになく携帯の着信がいくつも入って慌てましたが、

P1290788.jpg

アンテナは圏外を示し、通話はできない時間がありました。

RIMG3070.jpg

有間峠では、濃霧につつまれ、10m先が見えない状況で、恐る恐るの運転しながら、どうにか下ってきましたが、本当に、天狗でも出て来そうな秩父山系の車の旅でした。

2019-08-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

M.ONO

Author:M.ONO
小野雅之(おのまさゆき)
横浜市在住
愛知県出身
1969年生まれ
一級建築士

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR