岡崎美術博物館

RIMG8459.jpg

先日、お盆で帰省した折、久しぶりに岡崎美術博物館に寄って来ました。

RIMG8454.jpg

この建物は、エントランスが、鉄とガラスの箱であることが特徴です。

RIMG8455.jpg

ホールは、真夏の陽がサンサンと入ってとても明るい状況でした。

RIMG8458.jpg

ホールのエスカレーターで、下階に下りますと、
屋外の緑にさそわれ(展示室には目もくれず)外に出てしまいました。

RIMG8460.jpg

山間の斜面を利用した、スロープ状の広場があり、屋外野球場の照明などが見え、

RIMG8467.jpg

振り返ると、反り上がったレストランの屋根が目に入ります。

RIMG8469.jpg

この屋根に、誘われるようにまた登りはじめますと、

RIMG8471.jpg

途中、石庭のようなポケットパークがあったり、

RIMG8470.jpg

トンネル状の通路を通ったりしながら、

RIMG8473.jpg

エントランスと同じレベルの、レストラン脇の屋外デッキに出ました。

RIMG8474.jpg

レストランからは、この光通路を介して展示エリアにも戻れるようです。

RIMG8472.jpg

近年、、、
美術館の建築自体を1つの作品として味わう傾向もあると聞きます。
ただ、全ての施設が、本当に必要なのか?
その土地や内部空間をもっと有効に活用できないのか?と考えさせられることは少なくありません。
スポンサーサイト
2017-08-29 : 建築 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

M.ONO

Author:M.ONO
小野雅之(おのまさゆき)
横浜市在住
愛知県岡崎市出身
1969年生まれ
一級建築士

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR